当院の特徴|横浜市戸塚区で動物病院をお探しの方は東戸塚ペットクリニックまで

受付時間
(診療時間)
日・祝
8:30〜11:00
(9:00〜12:00)
15:30〜18:00
(16:00〜19:00)
▲土曜午後の受付は17:00までです。
※午前中の診療終了~15:30までは施錠しているため院内は開いておりません。

〒244-0803 横浜市戸塚区平戸町307-5 第5笠原ビル1階

  • 電話
  • メニュー

「最小限の負担」で「よりよい医療」をご提供するため、
充実の設備・治療環境を整えています

動物達の具合が悪くなったとき、検査や治療で動物達の小さな身体にかかる負担は大きなものです。
なるべく負担が小さく、迅速で正確な診査・診断・処置ができるよう、東戸塚ペットクリニックでは様々な設備をご用意しております。

消化管内視鏡設備

イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像 内視鏡査修了証

内視鏡の特徴

内視鏡では、ワンちゃん・ネコちゃんのお口に小さなカメラを通して、胃や腸の中を直接見ることができます。

  • 病理組織検査ができる
  • 内臓の組織の一部を摘み取り、顕微鏡で検査ができることで、がんやポリープなどの病理検査を正確に診断することができます。

  • メスを入れずに異物の除去ができる
  • ワンちゃんやネコちゃんが誤っておもちゃや異物を飲み込んでしまった時に、身体を切らずに取り出すことができます。

    内視鏡を使うとき

    ・嘔吐や下痢が多発しているとき
    ・血便やゼリー状など、便に異常が見られたとき
    ・異物を飲み込んでしまったとき など

当院では最先端の内視鏡技術を取り入れています

当院長の内視鏡技術は、人医の内視鏡指導医の指導を受け、修得しております。
内視鏡は人医療において身体に優しい施術法として様々な分野で主流となっておりますが、動物医療においては未だ一部でしか実施されていません。
そのため、動物医療よりもはるかに進んでいる人医療の技術と知識を取り入れ、安全で精度の高い治療をご提供できるよう研鑽しております。

超音波検査(エコー)

イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像 超音波検査修了証

超音波検査の特徴

超音波検査では、心臓・胃・腸・腎臓・子宮など腹部の臓器の形や動き・内部構造・血流を調べることができます。

  • 痛みのない精密検査ができる
  • 超音波検査はおなかに当てるだけで痛みや負荷がかかることはありません。そのため、病気の検査だけでなく、予防のための検査にも使用しております。

超音波検査を使うとき

・心臓の検査
・腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、前立腺、子宮、卵巣、膀胱等)の臓器検査
・甲状腺の検査
・脳の検査
・妊娠検査

超音波検査の認定を受けています

当院長は超音波検査の中でも専門的な腹部および心臓の実習を修了しております。また、甲状腺、運動器においての超音波検査のトレーニングも修了し、確かな技術がございます。安心して検査をお受けいただけます。

顕微鏡

イメージ画像

顕微鏡の特徴

  • 細胞診断ができる
  • 病気には目で見えるものと見えないものがあります。
    たとえばワンちゃん・ネコちゃんの身体に腫瘍やしこりができたとき、それが良性なのか悪性なのかは見た目だけでは判断ができません。
    顕微鏡では目で見えない病気の原因を突き止めるために、細胞単位で動物達の身体を診査します。

イメージ画像

顕微鏡を使うとき

・腫瘍などの病理検査(病気が疑われる組織・細胞を顕微鏡で検査します)
・細胞検査(粘膜から組織の一部を採取し、病気がないかを検査します)
・血液検査
・尿検査

血液・尿などの検査器

イメージ画像

血液・尿などの検査器について

  • ヘマクリット遠心機
  • 血液や尿を遠心分離するための機械です。

  • 血球計算機
  • 血液中の赤血球、白血球、血小板の数を調べる機械です。

  • 血液生化学検査機
  • 肝機能・腎機能が正しく働いているか、ミネラルやたんぱく質の量を測定し、判断することができます。

  • インキュベーター
  • 細胞を培養する機械です。

超音波スケーラー

イメージ画像

超音波スケーラーの特徴

  • 痛みなく歯石を除去できます
  • 超音波の振動と、水圧で汚れを除去するため、歯を削ったり痛みが発生することがありません。なおかつ歯石を除去する力が強いです。
    ワンちゃん・ネコちゃんの身体や歯肉に負担をかけることなく、お口を綺麗にすることができます。

イメージ画像

スケーラーを使うとき

主に歯石除去で使用します。
・ワンちゃん、ネコちゃんの歯周病治療
・ワンちゃん、ネコちゃんの予防歯科治療

>>予防歯科について

眼科検査機器

イメージ画像

眼科検査機器

ワンちゃん・ネコちゃんは目の疾患にかかりやすく、人間と同じように歳を重ねると白内障や緑内障のリスクも高まります。
また種類や遺伝によってよりかかりやすい病気もありますので、定期的に眼検診をすることが大切です。

  • 眼圧測定器(トノペン)
  • 眼球内の血圧を測定する機械です。眼圧の低下が見られると炎症が出ていたり、逆に上昇しているときは緑内障などの診査が可能です。

  • 眼圧カメラ
  • 瞳孔から眼球内の網膜や神経の変性を確認することができます。

イメージ画像

眼科検査機器を使うとき

・目の色が濁っている、おかしいとき
・目をしょぼつかせている、こするとき
・目やにがよく出るとき
・目の健康診断(緑内障、白内障などの検査)のとき

ページトップへ